出版をしたい人のための講座、神田神保町『紙の本』プロジェクトが第二期生を募集

[ 2011/04/24 ]

はてなブックマーク

編集者の間でも人気の高い、神保町『紙の本』プロジェクト。参加した生徒の本を無料で商業出版するという試みのこのプロジェクトが、今年6月より始まる第二期生募集する。本を出したいという強い意思をもった人が参加すれば、商業出版にたどり着ける可能性は非常に高いという。(参考:電子書籍制作のパブラボが「電子書籍の出版契約書と著作権」セミナーを開催

神保町『紙の本』プロジェクト
Image from 『紙の本』プロジェクト

同プロジェクトは、自費出版を騙って何百万円もの金銭を要求する一部の悪質な出版社などが社会問題ともなっていることを受け、山中伊知郎氏を中心に、神田神保町の有志が立ち上げたもの。本を出したい人に、商業出版で必要なスキルと知識を徹底的に叩き込む講座で、無料特典として生徒一名以上には、本屋に並ぶ著書を作ってもらうという。

現在、第一期生が出版社との人脈を作ったり企画を練ったりしているところだ。本を出したい人だけでなく、新鮮なネタを探している編集者の関心も高いという。応募資格は本を出したいという意思がある事のみ。誰もが持つ独特の知識や経験を、プロジェクトの講師や編集者と共に本にできるように考えていくという。説明会は5月末に、神保町の漫画喫茶「漫楽園」で行われる予定。日程などの詳細は『紙の本』プロジェクトへ。

関連する記事

アーカイブス

平川克美氏が新刊2冊 『俺に似た人』、『小商いのすすめ』 同時発売記念講演を開催

文筆家でWebマーケティング支援事業のリナックスカフェ(東京都台東区)代表取締役でもある平川克美氏が、2点の書籍を同時刊・・・

記事全文

第146回直木賞に葉室麟氏『蜩ノ記』、5回目のノミネートでの受賞

第146回直木三十五賞の選考委員会が17日、東京・築地の新喜楽で開催され、葉室麟氏『蜩ノ記』の受賞が決まった。奇しくも同・・・

記事全文

第146回芥川賞,円城塔氏『道化師の蝶』と田中慎弥氏『共喰い』の ダブル受賞!

第146回芥川龍之介賞の選考委員会が17日、東京・築地の新喜楽で開催され、円城塔氏『道化師の蝶』と田中慎弥氏『共喰い』の・・・

記事全文

大阪市立図書館が電子書籍サービスを開始

大阪府の大阪市立図書館は20日から電子書籍サービスを開始すると発表した。閲覧は無料で、大阪市立図書館全館の端末および自宅・・・

記事全文

楽天が電子書籍事業者Kobo社買収を完了。安価な電子書籍端末投入へ

楽天(東京都品川区)は、12日、カナダの電子書籍事業者Kobo社(カナダ トロント)の完全子会社化を同日完了したと発表し・・・

記事全文

第二回アガサ・クリスティー賞, 締切1月31日に迫る

2010年に新設されたミステリ小説の新人賞、アガサ・クリスティー賞の応募締め切りが1月31日に迫っている。栄えある第1回・・・

記事全文

国立国会図書館が「国立国会図書館サーチ」を正式公開

国立国会図書館は6日、国会図書館・全国の国公立図書館、民間データベースから収集した文献情報を検索できるサービス「国立国会・・・

記事全文

著書『大丈夫、きっと明日はできる』の発売中止で単行本『浅田真央 さらなる高みへ』に注目集まる

フィギュアスケート選手・浅田真央さんの初めての語り下ろし『大丈夫、きっと明日はできる』が12日、突然の発売中止となり話題・・・

記事全文

浅田真央さんが書籍『大丈夫、きっと明日はできる』を発売中止 そんな浅田真央さんから学べることとは?

ポプラ社は12日付で、同社のHPに「お知らせ」を掲載。近刊予定だった浅田真央選手『大丈夫、きっと明日はできる』を発売中止・・・

記事全文

浅田真央選手初の書き下ろし書籍『大丈夫、きっと明日はできる』が発売中止に

ポプラ社は12日付で、同社のHPに「お知らせ」を掲載。近刊予定だった浅田真央選手『大丈夫、きっと明日はできる』を発売中止・・・

記事全文

ニュース一覧を見る

PR